• 藤岡みなみ

月曜日のリハーサルが

火曜日の反省会が

水曜日のバックアップがほしい


木曜日の再放送が

金曜日のコピーが

土曜日のゲネがあってほしい


日曜日だけが本物


川で石を拾って

一番気に入ったやつを投げちゃって

こんなちっちゃい滝があるんだ

もう2度とここには来ないだろうね


本物の日曜日を

一生に一度だけください




  • 藤岡みなみ

みぞおちの隣に湖がある。深い。広い。濃い青の。


手をつけてみると、とても冷たい。

もしも肩まで浸かったら、芯まで冷えて動けなくなりそうな。

おばあちゃんは、とにかく寒いねん、と言った。


足首まで入ってみると、ひどく熱い。皮膚が赤くなる。

ずっと入ってはいられない。

やけどにずっと触れていたい気もする。


とても冷たいような、とても熱いような、そんな温度の湖がすぐそばにある。

心臓の横にある。

自分から入ってみたり、出たり、隣に座って眺めたり、見ないように背中を向けたりする。

湖に身体すべてを委ねるのは危険だとわかるけれど、この中にいたい気持ちもある。

任されている。


行ったり来たりしながら、さわれるようになっていくのか。

そんなのもおかしいよ、と言っている魚もいる。

憎たらしい青。忘れたくない青。



  • 藤岡みなみ


新しい朝を何度裏切ったろう

まっさらな気持ちを何度汚したのか

それでも1ページ目の気持ちになることに

まだ意味はあるか


あんたの一念発起は信じない

もう一度だけ信じてあげる

いや絶対信じない

迷いの滲む墨汁

こうありたい(できるものならやってみろ)


誰も傷つけまいと誓った日に友人とぶつかり

背筋を伸ばして歩き出すのかと思いきや

布団にくるまり 起きてきたと思ったら

少し足の長い家グモを殺してしまった

それでも、いい人と言われたい

とても


調子がよすぎるとわかっているから

美しい朝に酔えずにいる

両手いっぱいの罪

ひとつひとつハンガーにかけて

せめて新しい光の下に干しておく

見てください、罪です。


それが私の書き初め