top of page
検索
  • 執筆者の写真藤岡みなみ

元日(裏切り)



新しい朝を何度裏切ったろう

まっさらな気持ちを何度汚したのか

それでも1ページ目の気持ちになることに

まだ意味はあるか


あんたの一念発起は信じない

もう一度だけ信じてあげる

いや絶対信じない

迷いの滲む墨汁

こうありたい(できるものならやってみろ)


誰も傷つけまいと誓った日に友人とぶつかり

背筋を伸ばして歩き出すのかと思いきや

布団にくるまり 起きてきたと思ったら

少し足の長い家グモを殺してしまった

それでも、いい人と言われたい

とても


調子がよすぎるとわかっているから

美しい朝に酔えずにいる

両手いっぱいの罪

ひとつひとつハンガーにかけて

せめて新しい光の下に干しておく

見てください、罪です。


それが私の書き初め

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page